ヘアケアにもスキンケアにも使える万能油「ツバキ油」について

オイル美容、といったものが話題になっていますが、そんな美容に役立つオイルの中でも、特にツバキ油というものに注目してみましょう。

ツバキ油は、ヤブツバキという植物の種子から採取される油で、シャンプーなどヘアケアアイテムに入っていることが多く、よく知られていますね。

日本人には親しみやすい油の1つです。

ツバキ油の成分でメインとなっているのは、オレイン酸という脂肪酸です。

これは皮脂に含まれるのと同じ成分でもあり、お肌に塗布することで、皮膚に馴染み、潤いを保持するのに役立ってくれます。

また、このオレイン酸は悪玉コレステロールを下げる効果にも優れており、口から摂取しても健康効果が期待できるものです。

このような魅力的な脂肪酸が含まれる油と言えば、オリーブオイルが有名でしたが、実はツバキ油にはそれを超えるオレイン酸が含まれているのです。

このツバキ油を髪のケアに使用する際には、洗髪前の乾いた状態で、頭皮のマッサージに使うのが有効です。

こうすることで頭皮が保湿され、柔らかくなり、その頭皮から生える髪の毛にもハリやコシが出てきます。

また、髪を乾かす前に使用するトリートメントオイルとして、少量を毛先に馴染ませても良いでしょう。

ドライヤーの熱や紫外線から髪を守る働きをしてくれます。

そんなツバキ油は、有名なヘアケアへの活用だけでなく、スキンケアにも使うことができます。

お肌に塗布することで潤い効果が実感でき、また肌をなめらかな状態にしてくれます。

アンチエイジングにも役立ち、特に紫外線からお肌を守る効果が高く、シミやそばかすを防いでくれるのです。

時にはスペシャルケアとして、ツバキ油を用いてお肌にオイルパックをしてみましょう。

肌の内側にまで良い成分が浸透し、ふっくら柔らかいお肌に導いてくれます。

もちろん植物性の油脂ですから、口にしても、身体の内側からの健康を支えてくれるツバキ油。

外側からも内側からもキレイで健康でいたいと願う女性の、心強い味方になってくれますね!

このブログ記事について

このページは、matsuyamaが2015年8月19日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体幹を鍛えて美しいスタイルをゲットしよう」です。

次のブログ記事は「ダイエット・美容・健康と様々な場面で使えるリンゴ酢について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。